IPアドレスってなんなの?

| パソコン |

IPアドレスってなんなの?何やら難しい響きですが一体これは何なのでしょう。

IPアドレスとはパソコンを識別するために付けられる番号の事です。

ふむふむ。なるほど分かりませんね。

例を出しますと、

あなたは暑い夏、居酒屋さんでビールを飲んでいます。
『プハ―旨いっ!もう一杯』と店員さんに注文します。


店員さんは『アイヨーっ』と注文を受けます。
幸いにも店内は狭く席数もわずか、しかもあなたは超イケメンときています。

それで、店員さんはすぐにあなたの顔を覚えることができ、ビールがすぐさま届けられます。

しかし、店内が広くなれば席数も多くなります。1000席も2000席もあれば、あなたほどでは無いにしろ超イケメンもほぼイケメンもたくさんいるかもしれません。

もしも、注文を受けた店員さんと持ってきてくれる店員さんが変われば、どのイケメンなのか分からず、どの席なのかもわかりません。

こういう時に何があれば便利ですか?

そうです。席番です。

席番があれば、どれだけイケメンが居ようとも、たとえ席数がいくら多くても間違う事無く、ビールを届ける事が出来ますね。

この一つ一つの席に付けられた席番こそがパソコンで言うところのIPアドレスです。

IPアドレスは例え番号が億個あろうが兆個あろうが瞬時に判断します。

あなたが少しエッチな画像を探して良さげなサイトを見つけたので内容を見ようとしたら
その時たまたま、ネット検索していた母親の元に画像が届けられたのでは困りますよね。

プライバシーもあったものではありません。

そういった事を回避する為にパソコン一台一台にIPアドレスが付けられているという訳です。

※実際には各契約しているプロバイダーによりIPアドレスが振り分けられています。そこからルーターというものによりさらに振り分けます。

ちなみにですが、時々イジワルなサイトがあり、アクセスするとあなたのIPアドレスを取得しました。よって個人情報も取得しました。
なんて表示がされても、IPアドレスが誰かに分かったところで、個人情報まで知ることは出来ませんので、あせる必要はありません。

個人情報が分かるのは契約しているプロバイダーのみです。プロバイダーのサーバーに侵入されてしまえば、分かってしまいますがそこまで心配する必要はありません。

話がそれましたが、IPアドレスとは、受注を受けて、間違える事無く、納品をするために必要な番号の事です。